文化について勉強しました


勉強をしました。文化の大衆化は教育の普及やジャーナリズムの発達、さらにはラジオ放送の開始などですすみました。文学では、耽美的な作風で知られる永井荷風、新思潮派とよばれる芥川龍之介、人道主義を特色とする白樺派の作家たち、さらには新感覚派とよばれる川端康成らが多くの読者を獲得しました。また、新聞・雑誌に連載された大衆小説も愛好されました。社会問題を扱ったプロレタリア文学も、大正末年におこっています。都会に住む給与生活者などは1冊1円の「円本」とよばれた文学全集やさらに安価な文庫本を読み、帝国劇場や築地小劇場などで新劇を楽しみ、文展を継承した帝展(帝国美術院展覧会)、日本美術院の院展などに出かけては近代絵画を鑑賞しました。映画や学生野球なども広く市民に親しまれ、急速に広まっていきました。学問研究では人文科学では自由主義的・実証的研究が行われ、独自の哲学体系を打ち立てた西田幾多郎、天皇機関説をとなえた憲法学者の美濃部達吉、民俗学を確立した柳田国男らが輩出しました。女性用の育毛サプリ