力を合わせて助けた柴犬


今日、衝撃的な出来事がありました。私は妊娠中で産休を頂いており自宅にいます。今日は郵便局に用事があり、日曜日で大きな郵便局に行く必要がありましたので、いつも通らない道を歩いていました。突然目に入ったのは男性2人が家のシャッターを持ち上げているのです。何か分からず通り過ぎようとしたのですが目に犬の首がシャッターに挟まっているのが飛び込みました。おもわず荷物を放り投げてシャッターを上げようと持ちました。しかし妊婦の私が手伝った所で役に立ちません。男性2人が大きな声を出して応援を呼び始めたので私も通りかかった女性を呼び止めました。女性も悲鳴を上げて驚きその家に誰かいないか呼びに行ってくれました。男性いわく、シャッターをしめて車で出かけてしまったそうです。たまたま通り過ぎた発見者の方が見ており挟まりかけた犬を助けようとシャッターがおりないように持ったそうです。近所の方がたくさん出てきてくれ、レスキューを呼ぼうとした時、2階に家の方が残っており慌ててシャッターを中から上げてくれました。シャッターを持ち上げていた方はその場に座り込み手も真っ赤でした。柴犬は無事に助かりました。私は見ず知らずの方が夢中で助けに入るのを見て人間も悪い人ばかりじゃないなと思い、幸せな気持ちになりました。シズカゲルの口コミはこちら